ヨコハマ経済新聞アンテナ +

横浜都心臨海部のビジネス&カルチャー情報を配信する「ヨコハマ経済新聞」編集部のブログ

横浜ベンチャーポートが「起業家異種格闘技トークバトル」

 横浜市教育文化ホールで7月1日、横浜市と民間事業者との協働プロジェクト「横浜ベンチャーポート」主催のオープニングイベント、「起業家異種格闘技 トークバトル! in YOKOHAMA」が開催された。

 同プロジェクトは、「ハマの社長を倍に!」を目標に掲げ、起業家・ベンチャー起業の育成や各種ビジネス実践セミナーの開催、株式上場までの公的な支援を行うもの。

 横浜市と民間事業者の協働で、起業・ベンチャーの育成から株式上場までの公的な支援を行うプロジェクト「横浜ベンチャーポート」が、7月1日から本格稼働する。
 同プロジェクトは創業・ベンチャー支援体制の強化をはかり、利用者のニーズに合ったサービスを提供する事業で、ポータルサイトや機関誌などによる情報発信や、セミナーなどのイベント、窓口相談や交流促進事業などにより経営を支援するもの。

 横浜市の公募で選定された民間事業者は、大阪市中小企業支援センター「大阪産業創造館」の企画運営や、経済産業省の「起ちあがれニッポン ドリームゲート」の企画運営などの実績を持つコンサルティング会社「あきない総合研究所」(大阪府箕面市、吉田雅紀社長)。

 同イベントの第一部は、最高責任者の吉田雅紀さんをレフェリー役として、北海道から沖縄まで全国の起業家11人を招き、「起業のきっかけは?」「起業の前にすべきことは?」等の将来的に起業を考えている人や「資金集めはどうしたのか?」「田舎(東京以外)で成功する秘訣は?」等のすでに起業し始めている人達が気になる質問に対して一人一人がパネル形式で答えて討論していくものだった。

 参加したのは、アフィリエイトの元祖といわれるウェブシャークの木村誠司さん、ネットショップ界で活躍するウィンアンドウィンネットのこみやまたみこさん、沖縄の若手舞台演出家の平田大一さん、大阪・東京や横浜赤レンガ倉庫などでカフェ事業を展開するバルニバービの佐藤裕久さん、ミスターチルドレンやケミストリーなどのプロモーション映像を手掛けるイエローブレインの丹下紘希さんなど。

 レフェリー役の吉田さんの鋭い指摘・進行により、起業家の方達の討論は時間が進むにつれ白熱し、会場からも拍手が出るなど、かなりの盛り上がりを見せていた。

 第二部では、これから起業を考えている花村コウさんと横浜ベンチャーポート所長の野竿達彦さんとの対談形式により、横浜ベンチャーポートのビジョンやセミナーイベントの案内、支援内容などが語られた。

 その中で、野竿さんは起業家支援事業が民間企業に委託されたことの意義に触れ、「これまで感じていた行政機関と起業を志す人との立ち位置の差を解消し、その間に入って距離を縮めたい」「今後セミナーを数多く開催していくことで、支援だけでなく起業を志す人同士の人脈作りに貢献できれば」と語った。

 今後、7月10日に開催される「お金で苦労しない会社づくりの秘訣とは?」(小笠原士郎氏 税理士小笠原/河原事務所 代表)を始めとし、起業家・ベンチャー企業の為のビジネス実践セミナーが数多く予定されている。

 各セミナーは、より多くの人が参加できるようにリーズナブルな受講料(1,000円〜)になっており、講義は現場のプロの方が担当しているとのこと。

 最後に、野竿達彦さんは「今まで行政機関と接点がなく、中々起業に踏み切れにくかった人達を主な対象として、元気な起業家たちのネットワーク作りを支援していきたい。」と話してくれた。

■「横浜ベンチャーポート」
http://www.ventureport.jp/


記事:佐久間 弘貴